IR情報

個人投資家の皆様へ

持続的成長に向けた3つの取り組み

コラボスDMP:ビッグデータを活用した新事業の創出に向け「コラボスDMP※(仮)」実証実験を推進

実証実験結果から企業のマーケティング活動への活用に期待
「コールセンターに集まる“顧客の声”をはじめとしたアナログ、デジタルの各種情報資産の価値を高め、企業活動に貢献する」ことをコンセプトに、当社は実証実験を通じて、コールセンターに蓄積される“お客様との日々の対話”などの膨大な情報資産の価値を立証し、ビッグデータの事業化を目指して検討を進めております。
実証実験では、株式会社グローバルウェイが運営する転職・求人サイト「キャリコネ転職」の企業向け採用サービスにおいて、電話やメール、Webサイトといった各種コンタクトチャネルによってコールセンターへ集積される情報を統合し、広告効果の向上を図るための実証実験を行いました。
結果として、広告配信やリスティング広告での顧客反応において、従来の2倍以上の効果が見られたことから、コールセンターに集積される各種情報資産が企業にとっての新たな資産価値として認識され、企業活動へ貢献できる可能性を立証することができたと考えております。
一方、ワタミ株式会社が展開する飲食チェーンの予約受付管理業務においては、電話やWebサイト、店頭などの各チャネルから集積される予約内容等の情報を統合し、マーケティング施策へ活用するための実証実験を進めております。
当社はこれらの実証実験による結果と効果の検証により、コールセンターの情報資産価値の検証だけでなく、企業の各種情報資産の統合と活用により、企業活動を推進させる新たな価値の創造を実現してまいります。

イメージ
※DMP(Data Management Platform)
Webサイトやコールセンターなどで収集される各種データを統合・分析するための基盤

LINE:「COLLABOS CRM」にLINE連携機能が追加予定(※2019年6月現在)

コールセンター×お客様間の新たなコミュニケーションチャネルを提供します。
当社が提供するコールセンター向けクラウド型顧客情報管理システム「COLLABOS CRM」と、LINE株式会社が提供する「CSオプションサービス」が連携し、LINEを利用したお客様対応が可能になります。自動応答の機能も備えており、コールセンターの業務を効率化できるだけでなく、お客様からの問い合わせに対してお待たせすることなく、24時間365日お客様対応が可能になるため、コールセンターの顧客満足度向上にも効果が期待できる新たな機能です。
ロゴ:COLLABOS CRM、LINE

AmiVioce:「AmiVoice Communication Suite provided by コラボス」をリリース

当社サービスラインナップに新たに音声認識ソリューションが加わりました。
株式会社アドバンスト・メディアが提供する音声認識システム「AmiVoice Communication Suite3」を基盤に、クラウド型音声認識サービス「AmiVoice Communication Suite provided by コラボス」を新たにリリースしました。本サービスは、お客様との通話をリアルタイムで認識し、テキスト化することによって、コールセンターで働くオペレーターの一つ一つの応対にかかる時間を短縮するだけでなく、新人オペレーターの教育や顧客の声を基にしたマーケティング活動の分析、改善等にも活用できる新たなサービスとなります。
ロゴ:@nyplace、AmiVoice

ページトップへ