COLLABOS CRM Outbound Edition

「COLLABOS CRM Outbound Edition」は、アウトバウンド※1業務に特化した顧客情報管理システムをクラウドで提供するサービスです。

効率的に架電を行うための架電先リストの作成や架電結果レポートをはじめ、アウトバウンド※1業務に特化した機能を実装しています。

※1 電話を架けること(架電)を指します。コールセンターにおいては、各種販売促進支援、電話調査、代金支払督促等で行われます。

特長

コールの管理による業務効率化

「COLLABOS CRM Outbound Edition」はアウトバウンド業務に特化しており、架電履歴やオペレーターごとの通話時間、後処理時間などを統計化して管理することができます。 加えて、架電止め(コールの拒否、電話不要など)や事務所移転などの履歴を顧客情報に反映させることで無駄なコールも削減でき、さらに効率的なアウトバウンド施策を実施できます。

COLLABOS CRM Outbound Edition 画面イメージ

その他サービスとの連携でさらに効率アップ

「@nyplace」や「COLLABOS PHONE」と連携させ、作業効率をさらに向上させることが可能です。電話番号の入力を自動化することができ、入力時間の削減や架け間違いをなくすことができます。プログレッシブ機能を利用すると、オペレーターが通話可能な状態であるときに、予め設定した架電先へ自動発信することができます。架電先が応答した電話のみオペレーターに繋がり、不応答の電話については自動で結果を「COLLABOS CRM Outbound Edition」に登録します。オペレーターは通話が成立した電話のみ対応状況を記録するだけとなるため、より効率的にアウトバウンド業務を実施することが可能です。

設備投資不要で低コスト、短期間でのシステム構築

通常、CRMシステムを購入するには数千万円という莫大な費用がかかりますが、「COLLABOS CRM Outbound Edition」はクラウドサービスなので、設備投資が不要。 低コストでの導入を実現します。
また、物理的なシステム構築を必要としないため、通常ならば1年以上かかる構築期間が、「COLLABOS CRM Outbound Edition」であれば数週間で完了します。もちろん、ID数の増減、コールセンターの拠点追加、移転等にも柔軟に対応可能です。

COLLABOS CRM Outbound Edition使用例

※配配メールは株式会社ラクスの商標です。

導入事例を探す

以下のようなお悩みをお持ちの方へオススメです。

ページトップへ