AmiVoice Communication Suite provided by コラボス

「AmiVoice Communication Suite provided by コラボス」は、「@nyplace」をご利用の企業様向けのリアルタイム音声認識システムです。

AI技術によるリアルタイム音声認識ソリューションを活用し、「通話をリアルタイムで可視化」、「コール内容を見える化」、1コールあたりの対応時間を短縮し、センター全体の業務の効率化を実現します。

特長・機能

特長

コールセンター全体の処理能力の向上を実現

通話をリアルタイムにテキスト化することで、以下のような幅広い効果が期待できます。

  • テキスト化された通話内容を簡単にコピー&ペーストでき、通話後の応対履歴入力時の「後処理時間」を短縮することができます。
  • キーワードスポッティング(通話フィルタ)機能により、キーワードに紐づいた資料を自動表示できるため、「資料検索時間」や「保留時間」を短縮することができます。
  • キーワードに紐づいた資料の自動表示により、オペレーターのスキルの平準化及び、オペレーターの育成期間短縮の一助となります。
  • オペレーターからのヘルプ要求時、シートマップ(座席表)機能により、ヘルプ前の通話内容をテキストで確認できるため、正確な状況把握による適切な指示を行えることで事後対応時間を短縮することができます。
  • シートマップ(座席表)機能のキーワードによるアラートにより、リスクのある通話に対してスーパーバイザーが能動的にモニタリングをすることを容易にします。

テキスト化したデータを マーケティング分析へ活用

全通話のテキスト化により、今まで取りこぼしていたお客様のすべての声をマーケティングに活用できます。販売戦略や新規事業立案、市場開拓などのアイディアにお客様の声を活かす事が容易になります。

通話品質自動評価により評価の透明性を実現

オペレーターの通話を「設定する採点基準」にもとづいて自動評価します。評価者による主観的な評価ではなく、客観的評価となり評価の透明性を実現できます。また「評価対象通話」を絞り込みできることで、無駄聴きがなくなり、管理者の作業工数の削減を実現できます。また、オペレーター自身でも「自分の通話品質がどうだったのか?」を振り返る事ができるので「自己分析」「自己学習」を促しオペレーター教育の一助となります。

コンプライアンス対策

「言った言わない」「リスク通話発見」など、通話音声の検索に時間を費やしていませんか?全通話を可視化する事で、通話の文字検索は勿論、様々な検索条件で該当箇所を一発検索。音声と文字は紐づいているので、リスク通話の迅速な発見と対策が可能になります。

通話音声の聞き起こし時間の短縮

長い通話の音声を聞き起こしする際は、同等以上の時間がかかります。また、苦情通話の報告書作成のために通話の書き起こしをする場合、さらに長い時間を要します。

通話をテキスト化することにより通話内容を「目」で確認できるため、必要部分のみを聞き起こすことで時間の短縮が図れます。テキスト化された通話はコピー&ペーストが簡単にできるため、資料作成の工数削減が可能です。

無駄のない月額料金制

契約席数に応じた月額料金制のため、業務量の変動に伴う契約数の増減にも柔軟に対応します。 また、月額料金内に保守管理費用も含まれているので、システムのバージョンアップなど余計な費用はかかりません。

機能

  • 通話内容をリアルタイムでテキスト化して表示
    お客様とオペレーターの通話が自動でテキスト化されます。
  • キーワードスポッティング(通話フィルタ)
    通話内容から、自動的に説明資料や、回答内容を表示します。
  • シートマップ(座席表)でコールセンターの稼働状況を可視化
    実際のフロア座席に即した画面レイアウトで、コールセンター全体の稼働状況が一目で分かります。チャット・メッセージ機能、ヘルプ・アラート機能により、オペレーターとSVの相互のコミュニケーションを可能にします。
    • 通話品質評価機能
      通話を自動採点する事ができます。全ての通話に対して、機械的に一定基準の評価を行う事ができます。
  • 通話内キーワード検索
    録音された通話の中からキーワードをもとに検索し、再生することができます。
  • 感情解析
    「怒り・悲しみ・喜び」など、随時変動する顧客とオペレーター双方の感情起伏をグラフ表示することができます。
  • 音声認識エンジンの精度を高める自動学習機能
    お客様企業自身で書き起こしを行いアップロードすることで、音声認識エンジンが自動学習を行い、認識精度を高めることができます。音声認識エンジンにはディープラーニング技術を実装しています。書き起こしデータを学習させればさせるほど認識率が向上し、より正確にテキスト化することができます。

※「AmiVoice」は株式会社アドバンスト・メディアの登録商標です。

ページトップへ