1. HOME
  2. 企業情報
  3. 事業紹介
事業紹介

企業情報

事業紹介

クラウドサービス事業

当社は、コールセンターに必要なシステムを開発し、コールセンターを構築したい企業に向けて、
月額料金制のクラウド型(※)でサービスを提供しています。
※クラウド型とは、自身で機器や設備を持たず、インターネット等のネットワークを経由してサービスを利用できる形態のことです。

ビジネスモデル

当社は、コールセンターの基本機能である通話や顧客情報管理のためのシステムだけでなく、業務をサポート・効率化するためチャットボットやFAQ、通話録音や音声認識、AIデータ解析等のサービスもクラウドサービスとして提供しています。

これらのサービスを、企業のニーズに合わせた最適な組み合わせで、構築・提供し、コールセンターシステムの利用料を毎月お支払いいただいています。
企業は、当社が提供するシステムを利用して、エンドユーザーの問い合わせに対応します。

コラボスってどんな会社?

サービスラインナップ

サービスラインナップ

電話システム

主に、電話を受ける・架ける・転送する・自動で振り分ける・稼働率をレポートで把握する等、コールセンター運営に必須な電話システムです。在宅勤務にも対応しております。

@nyplace

世界・国内コンタクトセンター市場でトップクラスのシェアを誇るAVAYA社の交換機を採用。高機能・安定性が特徴。ハードフォン型。

紹介ページへ
COLLABOS PHONE

パソコンとインターネット環境があれば手軽に始められる自社開発電話システム。@nyplaceと同等の基本機能を搭載。低コストで、本格的なコールセンターシステムを導入可能。電話機本体は不要なソフトフォン型。

紹介ページへ
顧客情報管理システム(CRM)

コールセンターでの利用に特化したCRMです。お客様情報や対応履歴を管理・検索する・着信時に自動で顧客情報のポップアップを表示する等、お客様の購買目的や志向・ニーズなどを属性別に管理することができる顧客情報管理システムです。

COLLABOS CRM

お客様から電話を受ける受電型のインバウンド業務に特化した管理システム。顧客情報を一画面で表示し、タブ切り替えによりコールセンターならではの複数業務に最適。

紹介ページへ
COLLABOS CRM Outbound Edition

テレアポ等の電話をかける発信型のアウトバウンド業務に特化した管理システム。テレセールスの効率化に最適。

紹介ページへ
統合CRMマーケティングシステム

コールセンターで利用される顧客情報管理(CRM)システムに、マーケティングの機能を搭載した統合CRMマーケティングシステム。コールセンターで収集した情報を、マーケティング活動につなげ、企業の売上向上に貢献するシステムです。

GROWCE

コールセンターに集まる応対内容等のオフライン情報と、Webマーケティング部門に集まるクリック数やサイト内行動等のオンライン情報を一元管理。顧客応対品質の向上や、施策重複による顧客満足度低下を防止。One to One画面(CRM)、データ統合基盤(CDP)、施策実行機能(CXM)をワンパッケージで構成し、オンライン×オフラインのデータ統合を実現。マルチチャネル対応も可能。

紹介ページへ
データ活用システム

録音した通話履歴や、顧客データなどのデータを活用して、コールセンター業務を効率化するシステム。

Packet Folder

通話録音

@nyplaceご利用者向けの通話録音システム。一通話ごとの録音で検索を容易にし、パケットキャプチャ方式で録音漏れを防止。

紹介ページへ
AmiVoice

音声認識システム

AI技術によるリアルタイム音声認識システム。音声をテキスト化して、回答候補を表示させ、応答スピードの向上を実現。通話品質自動評価により評価の透明性を実現。

紹介ページへ
GoldenList

AIデータ解析

蓄積した顧客データから、どの商品が売れるのかを独自解析し、成約見込みの高いリストを作成。アウトバウンドの費用対効果を高め、収益向上に貢献。

紹介ページへ
チャットボット、FAQシステム
Challbo

有人チャット&チャットボット

複数のチャットボットを導入しなければ実現できなかった機能を1つに集約したチャット&チャットボット。1人のオペレーターが複数の業務を請け負う場合を想定し、使いやすさを実現。

紹介ページへ
CollasQ

Challboと連携可能なFAQサービス

よくある質問を蓄積し活用するためのシステム。企業ホームページのよくある質問として公開したり、オペレーターが回答する際の検索システムとしても利用可能。

紹介ページへ

コールセンターのすべてを
スマートに

コラボスは、クラウド型コールセンターシステムの
フロントランナーです。
低価格・短納期でオペレーターの負担や経費を削減し、
利便性を向上、コールセンターに関わる全ての皆様に
「スムーズ」で「効果的」なコミュニケーションをサポートします。

サービス紹介サイトへ

市場動向

国内コールセンター市場におきましては、近年の通信販売やインターネットによる問 い合わせ機会が増加しており、コールセンターのシステム需要も安定的に拡大しております。特に、最近の新型コロナウイルス感染拡大の状況下においては、非対面接客としてもその重要性や存在意義が高まっております。

そのようなコールセンター市場において、従来、コールセンターのシステムは、高額で膨大な初期投資費用が必要であり、システムも自社で構築し、自社で運用保守をするオンプレミス型が主流でした。しかし、近年、自社で機器や設備を持たず、インターネット等のネットワークを経由してサービスを利用する当社のようなクラウド型が主流となり、オンプレミス型とクラウド型の市場が逆転すると予測されています。

市場動向

今後のコールセンターシステムの市場動向

コンタクトチャネルの多様化

チャットやLINE等のSNSの普及により、従来の電話やメールだけではなく、 FAQやチャットボット等、多様なチャネルからの問い合わせが増加。コールセンターのデジタルシフトが加速しており、マルチチャネルへの対応が急務。

自動回答、自己解決の普及

少子高齢化に伴う労働力人口不足に加え、働き方改革による労働時間の短縮等により、コールセンター業務を効率化するサービスが増加。オペレーターの高い離職率や育成等の問題解決にもつながる策として、人を介さずに自己解決を促すチャットボット、FAQ、SMSの活用等、自動化サービスが普及。

在宅コールセンターの普及

新型コロナウイルス感染拡大の状況下において、コールセンター内の3密回避、事業継続計画(BCP)等の観点から在宅勤務の導入ニーズが高まっており、ソーシャルディスタンスの維持やクラスター対策としても今後更に導入が進む傾向。

マーケティング活用

大勢の消費者を対象としたマスマーケティングから、一人ひとりのニーズや購買履歴に合わせたOne to Oneマーケティングに時代が変化。コールセンターに集まる情報をAIで分析させることで、効果的な販売に結び付ける等、コールセンターのシステムの高度化・多様化が進んでいる。

コラボスの強み

強み① 製品開発

現場の声を蓄積、
ノウハウに基づく機能開発

当社は、コールセンターシステムを国内で初めてクラウドで提供した会社として、設立以降、一貫してコールセンター向けのクラウドサービスの開発、提供を事業としており、様々な現場の声を蓄積し、ノウハウに基づいた機能開発や課題可決力が当社のサービスに活かされています。あらゆるコールセンターに対応、そして、その先へ。私たちは、今後もコールセンターの可能性を追求するサービスやシステムの開発に取り組んでいきます。

強み② 実績

大手から自治体まで
圧倒的な利用実績

これまでの取引企業一覧

常時11,000席以上が稼働しており、大手メーカーから自治体まで、様々な業種でご利用いただいております。現在までのご利用実績は、全国各地の960拠点以上となっています。

当社のシステムは、インフラサービスのため、年々長期契約のウェイトが高まっており、10年以上の長期にわたってご利用いただいている企業も15%となっております。

強み③ クラウド型

低コスト、スピーディー、メンテナンスフリー

当社のサービスは、全てクラウドで提供しているのが当社の大きな特徴です。したがって、自社で膨大なシステム構築費用をかけることなく、席数(ID)に応じた月額料金制で低コスト・短納期でご利用いただけます。また、面倒なシステムバージョンアップやサーバーメンテナンス等の運用保守は全て当社が実施するため、専門エンジニアは不要で、常に最新のサービスが利用可能です。

強み④ 営業力

コールセンターに特化した営業サポート

これまで約20年間の間に築き上げたナレッジにより、お客様にあったコールフローや運用、導入時の通信事業者とのスケジュール調整や、業務開始後の統計レポート分析の方法等、コールセンターを熟知した営業サポートが強みです。また、顧客ロイヤリティを高める3H(Hospitality(おもてなし)・Honesty(実直)・Humility(謙虚)) の精神に基づいた経営方針により、顧客との関係 性も⻑く深く、紹介からの案件化なども多い点が強みです。

コラボスってどんな会社?

企業情報

当社は、お客様相談室や製品問い合わせセンター等のコールセンターで利用されるシステムを、
企業の皆様が手軽に利用できるよう、クラウドサービスという形態で提供しております。